ソラシドエアに興味がある

gazou-35

九州の格安航空会社としてすっかりおなじみとなったソラシドエアに興味があるといった人もいることでしょう。すでに利用したことがある人もいることと思います。ソラシドエアは宮崎県宮崎市に本社があります。2015年11月に社名変更され、それ以前はスカイネットアジア航空という名前でした。

ソラシドエアはスカイマークやエアドゥに続く新しい航空会社であり、運賃についても低価格で運行しています。機体のデザインはカラフルで思わず見入ってしまうデザインです。ソラシドエアの特徴として座席がゆったりしているのが特徴でストレスなく乗ることができます。また機内ドリンクサービスも宮崎産のものを取り入れるなど工夫を凝らしています。東京にも就航しており、2002年8月に東京と宮崎線が開設されました。その後も順調に路線を増やしており、2009年には那覇-鹿児島、那覇-長崎と運行を実施しています。

宮崎からは福岡のまでの移動も時間がかかります。そのため福岡-宮崎についても運行を計画がされていたのですが、採算の都合からこの計画は見送られました。その後は2003年8月に東京-熊本線も開設されています。
2004年11月には大きな改革に出ます。「NEXT SNA」という政策です。これは機内誌や新聞、雑誌、ドリンクなどの一切のサービスを廃止するといったものです。なぜこ
うした対策に出たのか?というと他のLCCとは異なり知名度がいまひとつであること、集客についてもなかなか上手くいかなかったため経営改善に踏み切れなかったといういきさつがあります。

また機体についても問題があり、機材投資についても思うようにできなかったことから機体に不具合が出ると欠航といった具合になり、信頼性についても問題が生じる状況でした。
その後国際航空運送協会 (IATA) に対し契約更新料金を支払わないため、航空会社コードに変更が出ます。

また2004年6月には産業再生機構の経営支援を受けることになります。またANAが第二位の株主となり、再建を進めていきます。この影響からソラシドエアはANAの座席予約システムを利用することとなり、航空券についてもANAと同じ様式のタイプで発券されることとなりました。

ソラシドエアの格安航空券の予約については予約センターというもものがあるのでそちらに問い合わせといいでしょう。予約センターの電話番号は0570037283です。
年中無休となっており、受付時間も長い時間帯で対応しています。(6:30~22:00)ただし一部運賃を除いての予約については2ヵ月前の午前9:30の受付となっているので注意が必要です。

ソラシドエアの予約について

gazou-161

ソラシドエアの予約を検討している方はソラシドエアの予約センターに電話して問い合わせみるといった方法があります。予約センターの問い合わせ先は0570037283となります。質問等があれば気軽に問い合わせてみるといいでしょう。
ソラシドエアは2004年6月より産業再生機構の経営支援を受けており、その影響からANAとも業務提携を実施しています。ANAがソラシドエアの第2株主になったことでANAとの業務提携となったわけです。ANAとの業務提携では座席予約システムを利用するなど工夫が見られます。

2005年8月には東京―長崎路線についても就航します。ソラシドエアが九州の格安航空会社というイメージが定着したのはこのあたりではないでしょうか?ソラシドエアは東京-九州路線に特化し、知名度向上を目指します。これが影響し現在はすっかり九州の格安航空会社としておなじみとなりました。
支援を受けてからは東京からビジネスで訪れる人はもちろん、観光客集客なども効果が出ています。2007年には宮交AGSが公開買い付けに参加し、現在に至っています。

このように再生など変化があったソラシドエアですが、現在は運行・収益ともに落ち着きを見せており、九州の人たちにとって必要な足となっています。
九州の人が東京方面に行くとなるとANAやjalなどを利用して、往復安くて4万円など高額な移動費をかけて移動するのが通例でしたが、最近はLCCを利用する人も増えており東京行きも安く済ませることが可能となりました。

またLCCの普及によりプライベートだけではなくビジネスでもLCCに切り替える人が増えています。LCCは欠航や遅延などがやむなしといった面もありますが、日本のLCCについては比較的順調に運行しておりそこまで大きなトラブルも報告されていません。この機会にLCCに乗ってみるのもよいでしょう。
LCCは安いから不安といった声も聞かれますが、実際に乗ってみると快適でさらに格安なので「これで十分」といった印象を受ける人も多く見られます。先入観だけで判断するのではなく、実際に乗ってみないと感想はわからないものです。

安いチケットを発見したらお試しで搭乗してみるのもよいでしょう。海外旅行も良いですが、国内についても時間が短く移動できますし、見所は多数あります。最近旅行をしていないといった人もこの機会に旅行計画を立ててみてはどうでしょうか。みなさんにとって気持ちいい旅になりますように。

ソラシドエアを予約してみたい

九州地方在住の方の中には「ソラシドエアを予約してみたい」と考えている人もいることでしょう。ソラシドエアは九州を中心に運行している航空会社であり、九州から東京への移動にとても便利です。
ソラシドエアの予約については予約センターというところがあるのでそちらに問い合わせみることが可能です。ソラシドエアの予約センターの特徴として営業時間が長いことが挙げられます。年中無休で朝6時から夜22時までの営業です。これならそれこそいつでも予約確認することが可能かと思います。予約以外にも質問があれば問い合わせみるのも良いでしょう。電話番号ですが0570037283です。かけ間違いのようにご注意ください。

予約センターでは予約はもちろん購入したチケット、搭乗についてもこちらの窓口で対応しています。ホームページにも案内が掲載されているので、わからない点があれば問い合わせみるといいでしょう。

ソラシドエアの路線ですが現在はANAと共同運航となっています。東京の羽田空港からは長崎、熊本、宮崎、鹿児島、大分に就航しており、沖縄の那覇空港には名古屋、神戸、宮崎、鹿児島、石垣と就航しています。このように便数も増え、九州の人の足になりつつあります。
沖縄路線についてはANAの運休などの影響から代わりに参入するという形となりました。

2015年4月には新たに新造12号機導入を控えるなど、ネットワークについてもさらに充実させていく方向で検討に入っています。
また今後は国際定期便についても運行を計画しており、チャーター便なども実施する予定です。今後の活躍がますます楽しみな企業でもあります。サービスの向上や品質向上にも力を入れているそうです。

飛行機での旅は短時間移動が可能ですが、「高い」といったイメージから鉄道やバスを利用して移動するといった人も多く見られました。それを激的に変化させたのがLCCです。日本ではまだまだ普及がすすんでいないLCCですが、今後は地方などにも就航していくことが予想されます。採算が取れないとすぐに撤退してしまう可能性あるので、地元も含めて利用を促し活性化に努めたいところです。

ソラシドエアをはじめ地域向けのLCC発足が今後は増える可能性もあります。地域の足として安く移動できるLCCが普及することを願うばかりです。
飛行機での旅はわくわくするものです。最近飛行機を乗る機会がないといった人はこの機会に飛行機での旅を計画されてはどうでしょうか。みなさんにとって良い旅になりますように。

ソラシドエアについて

ソラシドエアを利用する予定の人の中には初めての利用といった人もいることでしょう。予約などを含めて何か不明点があれば予約センターへ問い合わせみるといいでしょう。予約センターでは朝6時から22時まで対応しており、時間についても融通が利いています。
ソラシドエアの搭乗についてもどういった形で行うのか?気になる人もいることと思います。ソラシドエアは羽田空港の場合、第2ターミナルの2Fとなります。エアドゥの隣にあるので、エアドゥを目印に向かうといいでしょう。

またカウンターの近くには「羽田エクセルホテル東急」があります。こちらも目印になることでしょう。
最近は自動チェックインの利用も可能となっています。自動チェックインを済ませておけば空港到着の時間帯についても余裕を持って到着することができます。自動チェックインですが出発時刻20分前までです。

Solaseed Airの出発ですが第2ターミナルの2F「A検査場」です。またソラシドエアにはスキップサービスというサービスがあります。こちらのサービスを利用する人で荷物預けの予定がない場合は、保安検査場に直接移動することができます。荷物がないと移動も楽です。
また手荷物検査がある人は早めに検査場を通過するよう心がけましょう。時間の目安としては30分前がベストです。

羽田空港着はどうなっているのか?というと羽田空港の第2ターミナル1Fフロアに到着します。こちらについても手荷物があるかどうか?で変わってきます。手荷物がある場合、別の専用出口を通る必要があるので注意が必要です。羽田空港には第1ターミナルと第2ターミナルがあります。間違わないようにしましょう。
ソラシドエアを利用の場合で羽田空港で合流して行く人は、1Fロビーにある時計台を目安にするといいでしょう。

羽田空港への移動は東京都内からけっこう時間がかかる場合もあります。人身事故などが日常茶飯事なのでその影響で電車に遅れが出ることも考えなくてはいけません。いずれにしても時間には余裕を持って行動しておくと良いでしょう。
最近は携帯電話ですぐに連絡が取れるのでそこまで心配はありませんが、遅れなどは相手も心配します。万が一のことを考え、パターン1、パターン2などプランを念入りに計画しておくと確実です。旅行前は準備も必須です。準備についても安易に考えず、必ず点検して出かけるようにしたいところです。
LCCの利用もスムーズにできるようぜひ準備を心がけてください。

ソラシドエアの利用

ソラシドエアの利用を検討されている方の中で、利用に不安点がある人はあらかじめソラシドエアに不安点を確認するのもおすすめです。ソラシドエアでは年中無休朝6時から22時までの間で予約センターを運営しています。時間帯も長くとても便利です。ソラシドエアですがマイルを貯めることが可能です。搭乗マイルですがソラシドエアでも貯めることが可能です。LCCについてはマイルを貯めることができないと勘違いしている人もいますが、航空会社にもよりますのでマイル加算があるかどうか?しっかり確認することをおすすめします。

ソラシドエアについては運行する全ての路線でマイルが貯まるようになっています。まだ利用したことがない人もこの機会に利用してみるといいでしょう。
マイル加算は搭乗の2日後に行われます。自動で積算されるシステムです。またマイル数は路線にとって異なるので、そちらについても確認しておくこといいでしょう。安いチケットの場合マイルの対象にならないことがあります。そちらについても確認をおすすめします。マイル加算はスマイルクラブ会員本人名義が前提なのでその他のケースはマイル加算の対象外となります。

マイルの加算の方法ですがソラシドエアのホームページあるいはモバイルサイトから会員ログインしましょう。
事後登録だと手続きも面倒なので事前登録しておくことをおすすめします。その方がすんなり利用することが可能です。マイル登録を事後で行った場合、搭乗日や便名、座席番号などの情報が必要となり大変面倒です。これらの手間を考えたら事前登録しておくのがベターでしょう。マイルの有効期間は36ヶ月となっています。長めなのもうれしいポイントです。

飛行機での旅にLCCを活用する人が増えています。家族全員となると費用も馬鹿にならないのでいかに安く旅行するか?もポイントとなります。飛行機についてはLCCを積極的に利用して移動するのも良いでしょう。その分宿泊先をランクアップさせるといった手もあります。
ソラシドエアは九州地方を中心に運行を実施しており、運行実績も確かなものです。ANAと業務提携している会社という点でも安心感があります。LCCについてはANAなどと比較して利用点に違いはありますが、実際に乗ってみるとそこまで差を感じることなく安く短時間で移動することが可能でありとても便利です。
最近旅行をしていないといった人もどこかでかける機会を作ってみるのも良いでしょう。思わぬ発見ができる旅になるかもしれません。